保険で貯蓄はできるのか

バブルの頃は貯蓄性の高い終身保険や養老保険が売れていたそうです。
この頃の保険は今で言うお宝保険といって本来の保障に加えて5~6%もの予定利率がついていた為、利回りがよく大変お得でした。
私も終身のガン保険や貯蓄性の高い学資保険に加入していた為、ずいぶん恩恵にあずかったものです。

ガン保険は保険会社の転換のお誘いにものらず今でもしっかり入っていますし、学資保険は子供が0歳の頃から加入して月々26600円で割引があって年間314000円程度。
314000×18年で総額5652000円を払い込み、満期で受け取ったのは700万円という実に割の良いものでした。

しかし、今現在の低金利時代、払った保険料の額より保険金が戻ってくる事などまず期待できないでしょう。
低金利に加え、保険の場合は保障の支払いなどのコストもかかってくるでしょうし、どうしてもかけた保険料より受け取る保険金は額が減ってしまうと思います。
そう考えると貯蓄代わりに終身保険や養老保険に加入するというのはあまり現実味の無い話ですね。

結論を言えばまさかの為の保障部分は掛け捨てと考えた方が良いと思います。
死亡保障などは子供の成長に伴って責任も減っていき、それに伴って必要保証額も減っていくものだから、逓減定期保険などが良いのではないだろうか。

保険の加入を考えるなら一度じっくり、ファイナンシャルプランナーに保険相談するのが良いでしょう。
保険相談無料でおすすめランキングというサイトで保険の無料相談を選んでみてはいかがだろうか。

クレジットカードの便利さと怖さ

インターネットで買い物をする時にクレジットカードがあるととても便利ですよね。
金融機関に振込に行くと手数料がかかりますし代金引換にしても手数料がかかります。
お金や通帳を手元に準備する必要もありますし何かと手間がかかります。

しかし、クレジットカードを使うと手数料がかからないことの方が多いですしポイントも貯まるので、ちょっと得をした気がしますよね。
でもちょっと怖いのが情報漏えい。
クレジットカードの情報が漏れてしまった…という話を何度かニュースで耳にしたことがあります。

悪用されて見に覚えのない請求が来るのも怖いですよね。
なので、クレジットカードの情報を打ち込むことに抵抗のある人もいるのかもしれません。

しかしネットショッピングの中には楽天のように独自のカードがあるところもありそのポイントや特典は見逃せないものです。
情報がキチンと守られる保証があるなら、カードを使ったほうが絶対にお得!

上手にネットショッピングをしている人の話を聞くと自分もやってみたくなるのですが…
難しいですね。

けれど海外に出かける場合はクレジットカードは絶対持っていくと良いでしょう。
クレジットカードを持っていかないならせめて海外専用プリペイドカードは持っていくことをおすすめします。

海外専用プリペイドカードならチャージした金額が上限なので何かあった時のリスクも限定的ですから安心です。
海外で使えるカードを選ぶなら海外専用プリペイドカード比較ランキングがおすすめですよ。

借金で夜逃げする

意外なお金の出所に、払えなくなって借金を背負い、どうにもできなくなって夜逃げという手段。

ドラマなんかでもありますよね。

ギャンブルに投資しすぎて、ちょっとした出来心でお金を借り、それも使い込んでしまい、いろんなところから借金をして、気が付けばどうすることもできなくなったって。

借金取立てに追われて、夜逃げするってパターン。

そうなれば、結構周りの人が迷惑をします。

特に、家族が大迷惑?
消息を消した人の居場所を追究されたりと、迷惑な電話も多々あったりね。

もっと迷惑なのは、保証人になった人でしょう。
保証人になった相手のまさかの夜逃げ。

あれほどまでに信用していた人が、借金が払えなくて夜逃げで姿を消してしまうって。

人ってお金が絡むと人格までも見失ってしまいます。
お金はそれほどまで危険なもの。

迷惑被るってこの事でしょう。
迷惑どころか、人生をどん底に追いやられた、最悪な状態。

人ってそう思うと簡単に信用してはいけません。
それは今の世の中家族もそうなのかもしれませんね。

自分で作ったもの。
自分が関わったこと。
すべてにおいて、最後まできちんとするのが筋ってもの。

借金で夜逃げっていっても逃げ切れるものじゃありません。
夜逃げをする位なら専門家に債務整理を無料相談しまょうね。。

自動車免許の費用

自動車免許が欲しい。
確かに誰もが思うことかもしれません。
車に乗れたらなぁ・・・って。

でも、そんな簡単に言っても、じゃあ、取得しましょう・・・とは言えない現実。

自動車免許を取るのにはお金がかかる。
しかも、中途半端な金額ではないですよね。自動車免許の取得費用は何十万円という金額。

教習所によってそれは違ってくる。
最短で取得コースもあったり、補習も込み込みでの料金も。

自分の合ったプラン。
総合的に考えてどうなんだろう??

おっちょこちょいの人とかは、補習込み込みの方がよさげ。
毎回補習が付いては追加料金を払っていては結局料金がかさんでしまいます。

そんなことも考えるとやはり先立つものが無いとね一発免許という方法もあるけれど、合格率は20%を切るのだとか。
合宿免許お勧めランキングならしっかり合宿免許をとれますよ。

とは言え、車の免許の有難さ。
上手下手は別として、乗れるの越した事はありません。

一言で言うと”便利”
そうなるでしょう。

何を犠牲にするか・・・。

お金?
時間?

それでも取る値打ちはあると思いますよ!
安全運転で快適に!

子供の医療保険について

お子さんに保険って加入していますか? 今の時代、地方自治体によって違うけれど、我が家の地域では医療費は小学校3年生になるまで 無料です。 入院費は中学生だったかな?

なので、比較的家計の中での医療費を占める割合というのは0に近いんですけど、 けがをすれば、外で遊べないので、家で遊べる何かを買ってみたり、 入院になれば、それこそ周りの家族はママはお子さんに付き添っていたりするので、 パパの分は外食になったり・・・。
ママの分も出ない場合は、お弁当買ったりしないといけないし。

それこそ入院中の暇つぶしのために、いろいろ子ども買ってあげますよね? (ってうちだけかしら???)
でも、頑張ったご褒美はあげたいですよね。
で、医療費自体は無料でもその他の経費は結構かかると思うんです。

通院にしたって、遠い病院の場合は、交通費もかかります。
こういう場合に、子供の医療保険ってちょっとした怪我の通院でも給付があったりするんですよね。

うちの周りでも、この給付を受けてらっしゃるお子さんたくさんいます。
我が家はいまのところ、給付を受けたことはありませんが、子供の医療保険は比較的少ない掛け金で加入できますので、 入っておくと万が一の場合など安心です。
ところで保険の見直しってされていますか?ずいぶん前に保険に加入してそのまま・・なんてことはありませんか?もしそうなら一度、保険見直し相談をおすすめします。
保険見直し相談で保険料をぐんとお安くすることができるらしいです。保険見直し相談無料がおすすめです。